ファッションと色の考え方

オシャレファッション

ホーム>色使い

色使い

服を選んだりコーディネートしたりといった時のポイントの一つに色というモノがあります。

同じサイズで同じ服装をしていても、全体の色が違うだけで全く違う印象になりますし、色の組み合わせだけでもオシャレに見える事があります。

それだけファッションに取って重要なポイントでもあるのです。もちろん合う合わないは関係無く、好きな色を選ぶ事は大事です。でも色の知識が頭に入っているだけでファッションがとても楽しくなります。他のページでも紹介している服のカスタムで色を使う時にもこの色使いの知識は役に立つと思います。

そんな色使いについて見ていきましょう。

まず知っておきたい事は、色には暖色と寒色があると言うことです、これはオレンジや赤などの色を暖色と言い文字通り温かい印象を受ける色になります。そしてブルー等の色を寒色と言って冷たくクールな印象になります。これは、夏に寒色を使うと涼しげなイメージにすることができますし、冬に暖色を使う事で温かそうなイメージにすることができます。

これが逆に寒いときに寒色を使うと、服を着込んでいても寒い印象になってしまいます。これは感覚だけではなく実際に寒く感じてしまうのだそうです。ですのでこのことも頭に入れておくと良いでしょう。

また原色に近くなれば近くなるほど明るくアクティブなイメージになります。色の組み合わせなら同じような系統の色をあわせてワンポイントで明るい色を持ってくると言った感じで服を組み合わせて行けば、それだけでもかなりイメージは違って来ます。

帽子と靴の色を合わせてみたり、アクセサリーの色を統一したりと言った事でも面白くなります。全身同じイメージカラーにしても楽しめます。

こういった事を頭に入れながらコーディネートすることでさらにオシャレになると思いますよ。日本ブランドにはない海外カラーもあるので、インポートファッションと一緒に取り入れるのもいいでしょう。

Favorite

結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドおすすめランキング!

2018/5/16 更新

ページTOPへ戻る