帽子の種類や選び方、マナー紹介

オシャレファッション

ホーム>帽子

帽子

髪型が決まらない時、熱い日差しから日焼けしないようにする時、シンプルなコーディネートにワンポイントのオシャレを楽しみたい時、そんな様々な場面で活躍するのが帽子です。
また、帽子+めがねという組み合わせはかなりお洒落に見えますよね。今やメガネもオシャレの1つとして使われている方も多いです。

逆に帽子やバッグなどのワンポイントに合わせて服をコーディネートすると意外とキマったり、新たな発見があったりします。なので雑誌やインターネットなどでこまめに洋服は見ておくと良いですね。

この帽子というアイテムは、実に色々な種類があって、いくつか種類を持っていれば、帽子を変えるだけでもファッションを楽しむ事ができます。この帽子はどういった種類や選び方、そしてマナーがあるのか見てみましょう。

種類や選び方

ハット

最近流行っているのがこのハットです。意外にどんなスタイルにも合うので、服装を選ばずにかぶる事ができます。特に襟付きの服等との相性は抜群なのでアクセントでかぶるよりは、トータルのイメージとしてハットを選んでも良いかと思います。

どんなイメージにでも合う分、このハットだけ奇抜なモノや色にしてしまうと、帽子だけ浮いてしまう可能性もあります。それを狙ってかぶるのもアリです。形も沢山あると思うので、自分がコレだ!と思ったモノを選ぶと楽しくハットをかぶることができます。

 

キャップ

ストリートなスタイルから登山の時や釣りの時まで、手軽でどんな場面でもかぶる事ができるのがキャップです。サッとかぶって出かける事もできるので、時間が無くて髪をセットできなかったと言うときでも役に立ちます。またカラーバリエーションや形も豊富にあるので、気分を変えて選んでもGOOD!!

このタイプの帽子を選ぶ時に見ておきたい事は、キャップの深さを見ておく事です。見た目とデザインと色が自分の探していたキャップとピッタリでも、買って家に帰ってかぶって見たら帽子が想像以上に深くて、頭が長く見えてしまう時もあります。それもオシャレの一部と思えば大丈夫ですが、買う前に帽子の深さも見ておくと良いと思います。

ハンチング帽

こちらの帽子も人気のある形のハンチング帽です。これも服を選ばずにかぶることができる帽子ですね。スーツなんかと合わせても良い感じになります。

種類として形が微妙に違っていたりトップの部分が大きいタイプがあったりしてどれもかぶった印象が違います。また同じ形でも素材で高級感があったりするので、好きな形の素材違いで持っていても面白いですね。サイズの調節ができないタイプがあるので、サイズ調節ができない場合には、一度帽子をかぶってみて、自分の好みの大きさかをチェックしておく事をオススメします。

ニットキャップ

寒い時にはこのニットキャップですね、深くかぶれるものもあれば、浅く耳上ぐらいまでの薄い素材で作られたものもあります。種類もつばが付いているタイプがあったり、上の部分が空いているタイプがあったりと意外にも個性的なモノが沢山あります。

寒い時にかぶる印象が強いので、どちらかと言うと冬のイメージが強いですね。このニットキャップは、小さすぎて頭に入らない事もあるので一度かぶってから購入するようにして下さいね。

マナー

色々なオシャレを楽しむ事ができる帽子ですが、知っておきたいマナーも存在します。

人と会って挨拶する時などは、いったん帽子を取ると言うことです。また室内やエレベーターなどの場所でも帽子は脱いでおくのがマナーのようです。そして食事の時も帽子は脱いでから食事をすると言うのが、本来の帽子のマナーです。また女性と男性の場合も帽子に関しては少し違いがあるようで、調べてみると良いかと思います。

この帽子のマナーというのは、時代が進むにつれてあまり厳しく無くなってきているようですが、やはり守るべき所はしっかりと守ってファッションを楽しむのが大人のオシャレでは無いかと思います。

pickup

【東京編】脂肪吸引で評判のクリニック口コミランキング!

Last update:2018/6/5

ページTOPへ戻る